【依頼するだけで終わらないで】遺品整理依頼時の注意点

遺品整理する場合の注意点は知らなきゃ危険!

遺品整理を依頼する場合、ただ依頼するだけではなく自分自身も注意点を知っておくべきなのです。どうして知る必要があるのかという説明を下記で紹介いたします。

整理業者を探す方法!

インターネット

・口コミ情報などを利用して効率良く探せる
・色々な所と比較することが簡単

友人・知人からの紹介

・割引・サービスをしてくれる可能性がある
・地域密着型の業者の場合が多い

【依頼するだけで終わらないで】遺品整理依頼時の注意点

ダンボール

意外と危険なことが多い遺品整理

遺品整理を依頼する方は埼玉や京都にもたくさんいます。その遺品整理で良くある出来事というとケガです。遺品というのは故人が所有している物です。その所有物に刃物や危険な物が多いとケガする確率が極端に上がります。それに危険な物が無いとしても重い壺や家具などが倒れてケガするパターンも多いです。なので、遺品整理を自分で行うなら注意が必要になります。

和室

依頼したら絶対に行っていけないこと

もし依頼することがある場合は必ず作業中に行なってはいけないことがあります。それはおしゃべりです。依頼者が家族と会話するのは良いですが、業者に話かけると作業する手を止めることになります。だから作業中は必要なことが無い限り話掛けることはやめましょう。ただ、業者からの質問にはお答えしてください。

部屋

作業終了したら少しばかりの優しさを

遺品整理は、意外と力がいる仕事です。それを代行してくれる業者にお疲れ様の気持ちとして、飲み物やちょっとしたお菓子などを差し入れると良いですよ。たとえお金を支払っているのは自分でも、危険な作業は業者が行なっています。少しばかりの優しさも大事ですね。

作業スピードを妨げないようにしよう

先程もお伝えした「必要以上に話しかけない」ということはとても大事です。話しかけられることで、会話を聞くために作業員の手を止めてしまうと作業終了予定時間の大幅なズレになります。そうなると自分の予定も崩れ、業者の次の現場に謝罪したり、次の依頼者にも迷惑をかけてしまいます。依頼するなら、そういった意識を持っておきましょう。

広告募集中